You are here: Home » All posts by

IVx1qvTP

All posts by IVx1qvTP

避妊を防ぐモーニングアフターピルの食後服用について

「モーニングアフターピル」とは、避妊に失敗した際、望まない妊娠を防ぐための緊急避妊薬です。
日本では、まださほど普及しておらず、認知度は他の国に比べて、少ないでしょう。
モーニングアフターピルは、性交後、72時間以内に服用することで、効果が発揮できますが、時間を越えると効果は期待できません。指示通りに服用することで、90パーセント以上の効果が出ます。
着床が成立する3日以内に緊急で防ぐことができるしくみとなっているのです。
モーニングアフターピルは、吐き気や嘔吐、倦怠感などの副作用があるので、なるべく食後に服用することは避けるように言われています。避妊に失敗してから、時間が早ければ早いほど、また、72時間のタイムリミットが迫っているときにどうしても、という場合には、食後に服用することはやむをえないでしょう。食後に服用して、すぐに嘔吐した場合は、効果がないので注意が必要です。
モーニングアフターピルは、レディースクリニックなどの専門医療機関で処方が可能です。避妊に失敗して心配なときは、早急に医療機関に受診されることをお勧めします。
モーニングアフターピルは、保険は適用されないので、自費診療となるため、費用が高額です。医療機関によって、費用は全く異なるので、あらかじめ、問い合わせをして確認しておくと良いでしょう。
緊急としてモーニングアフターピルだけに頼るのではなく、日頃から、避妊を心がける必要があります。パートナーに協力してもらい、コンドームを必ず装着してもらうこと、又、確実に妊娠を避けるために、避妊目的として低用量ピルを継続して服用するなどです。
女性は、できるかぎり、自分の体を知り、守ることも大切となります。

モーニングアフターピルは病院で保険適用できるの?

残念ながらモーニングアフターピルは、保険適用になりません。一部の低用量ピルは症状を緩和させるために低用量ピルを用いることで保険適用できるものもありますが、モーニングアフターピルは保険を使うことができません。よってすべて自己負担になります。病院に行く際は保険証を持っていかなくても処方される病院と、カルテをつくるときに必要とすることから保険証が必要という病院もあります。病院によって対応が異なりますので、病院の指示に従ってください。

自己負担になりますが、モーニングアフターピルは10000円からになります。従来のモーニングアフターピルは10000円からになり、従来のピルよりも進化したモーニングアフターピルであれば15000円からになります。服用してはいけない持病を抱えている女性もいますので、診察を受けてから処方してもらってください。またモーニングアフターピルを服用する際に間違った意味で服用する人もいます。多いのは中絶薬として服用することです。あくまでも妊娠を防ぐものであり、中絶をする医薬品ではありませんので、注意してください。

またどうしても病院は自己負担になるから抵抗があるという方は、個人輸入代行業者から医薬品を仕入れて手に入れるという方法もあります。病院よりも格安になりますので、最近人気を集めている医薬品の入手方法ですが、医薬品になりますので副作用に注意しなければなりません。医薬品は服用する際に、医師からの問診と診察を受けて問題ないのであれば処方されるといったものです。妊娠を防ぐモーニングアフターピルですが、副作用が生じることもありますので、初めて服用する方は病院で処方して貰いましょう。

生理痛を緩和出来るモーニングアフターピルは女性の味方

モーニングアフターピルと呼ばれている、いわゆる緊急避妊薬が若い女性達を中心として人気の薬となっています。モーニングアフターピルを服用することで妊娠確率を下げることはもちろん、様々な女性特有の身体についての悩みを解決していくことも出来るのです。そして多くの女性はこのモーニングアフターピルを生理痛緩和目的で服用しています。生理痛というのは重い女性は本当に重いですので、少しでも緩和出来るというのは大変有り難いことなのです。なので藁をもすがる気持ちでモーニングアフターピルを服用して生理痛を緩和させている女性が非常に多いのです。
生理痛が酷い女性はとにかく生理期間中は何も手に着かないほどの痛みを感じてしまうものです。働く社会人の場合は止むを得ず生理休暇をとることになってしまう女性も沢山います。日本の会社はまだまだ保守的な会社が多いですから、生理痛ごときで会社を休むなんてけしからんと考えている上司も沢山いるものなのです。そしてそれは何も男性の上司だけではありません。女性の上司であったとしても自身の生理痛がそれ程重くないという人の場合、なかなか生理痛が重い他の女性の苦労については理解できないものです。その為生理休暇を止むを得ず取得することによって、色々と評価が下げられてしまうこともあるものなのです。自分に責任がないことで評価を下げられてしまうのは、何とも屈辱的なことです。その為モーニングアフターピルを服用して生理痛を緩和し、とにかく意地でも出勤してやるのだと思っている女性は沢山いるものなのです。自分の健康についてしっかりと管理していくのも仕事の一つですので、生理の時の痛みが強い女性は日頃からしっかりとモーニングアフターピルを服用して、痛みを緩和するようにしましょう。

妊娠回の為に使用する緊急避妊薬モーニングアフターピル

モーニングアフターピルとは、緊急避妊薬です。妊娠を回避したいときに使用するピルのことです。モーニングアフターピルの飲み方についてですが、妊娠を回避したい緊急の事態が起こり、避妊を必要としたときに、そのときから72時間以内にモーニングアフターピルを2錠服用します。そして、1回目の服用をしたときから12時間後に2回目の服用をします。そのときにも2錠服用します。そうすることで妊娠を回避し、避妊ができる可能性が高まります。緊急避妊は、排卵を遅らせたり、着床を防ぐことによって妊娠を回避する方法になります。ですから、妊娠が成立する前に行わなければなりませんので、特に2回目の服用については、12時間後に服用するということを認識し、時間を守って確実に服用するという注意が必要になります。また、できるだけ早く1回目の服用をすることによって、妊娠を回避できる可能性が高まります。モーニングアフターピルの服用後、個人差がありますが、早ければ3日後から出血がおこります。この出血は「消退出血」といいます。消退出血とは、ホルモンの調節をして、子宮内膜を剥がしたことによる出血のことを指します。生理も剥がれた子宮内膜による出血ですが、自然によるものなのか、モーニングアフターピルなどのピルによるものなのかを区別するために消退出血と呼びます。この消退出血があったことにより、妊娠を回避し、避妊が成功したことの証となります。消退出血の量は、排卵日によっても左右されるものです。モーニングアフターピルの服用が排卵日の直後であった場合は、剥がれおちる子宮内膜が少ないので、出血量が少なく、排卵日から日数が経過していれば、普段の生理と同量程度の出血があります。

心不全では服用できないモーニングアフターピルの副作用

緊急避妊薬であるモーニングアフターピルだけではなく、低用量ピルにも同じことが言えますが、高血圧や血栓症、そして心不全等を起こしたことがある人は使えません。処方される際に、医師から問診されることがありますが、心不全を起こしたことがあるのなら、必ず答えるようにしましょう。いくら妊娠が怖いからといって大切なことを伏せておくと、あとでピルによる副作用に悩まされることになります。特に心不全の症状や高血圧、脳卒中は命に関わる病気ですので、必ず報告してください。

正しく使うことでモーニングアフターピルは避妊を成功率を高くなりますが、副作用があります。代表的な副作用は、つわりのような吐き気と生理痛のような違和感になります。吐き気のほうは、処方されるときに吐き気止めを一緒に服用してくれるクリニックが多いです。それでも吐き出してしまうことがあり、正しくモーニングアフターピルを使えないことに繋がります。2時間以内で吐き出してしまった場合は、もう一度服用しなければならないことがあります。過剰摂取してもいけない医薬品ですので、吐きだした後は病院の指示に従ってください。また今までのモーニングアフターピルは、2回服用しなければなりません。72時間以内に1回目を服用し、その12時間後に服用することになります。

新しいモーニングアフターピルもあり、それは120時間以内と時間も延長し、しかも副作用も少ないです。吐き気を感じやすい、医薬品を服用して気分が悪くなるといった女性は、新しいモーニングアフターピルを服用するのも選択肢になるでしょう。しかし15000円ほどといった高い医療費になりますので、その辺は覚悟しておきましょう。

服用した医薬品の吸収までの時間

医薬品の服用方法はそれぞれに決められており、私たちはそれに沿って摂取しなければなりません。
もしその方法を誤った場合には、どのような影響が出るか考えてみたいと思います。

まずは服用時間を誤った場合、それは体への効き目を悪くするだけでなく、逆に悪影響を及ぼす可能性もあります。
例えば、食後の空腹でない時間で服用すべきものを空腹の状態で服用した場合には、体にうまく吸収されない恐れがあります。
それどころか体に負担をかけてしまうこともあります。
胃腸薬はその典型で、本来であれば体にとって異物のはずの医薬品が直接胃に到達するので、刺激が大きく、胃に負担をかけてしまうのです。
それほど、医薬品の影響は大きいのです。

また、服用方法の違いで、その成分を体が吸収する時間にも差が出てきます。
水と一緒に医薬品を摂取するというのは定番ですが、これは飲みやすくするだけでなく、胃の中で溶け易くするといった意味合いがあります。
また、ものによっては牛乳や白湯で飲んだほうがいいものや、逆に緑茶や刺激の多い飲み物での服用を控えたほうがいいもの等、様々なのです。

私たちは、医薬品がそれぞれに持つ正しい服用方法にならって、自分自身に最も良い効果が現れるように気をつけなければならないのです。

嘔吐による医薬品の服用失敗、その後の対応

医薬品というのは基本的に体調の悪い時に服用するものです。
そのため身体が受け付けず、服用後に嘔吐してしまうという事も少なくありません。
そんな服用失敗後の対応は、服用してから嘔吐するまでの時間によって変わってきます。
もしも服用してすぐの場合には、そのまま本来の分量をもう一度服用して問題ありません。
服用してから約20分以内なら、同等の対処で大丈夫です。
というのも20分程度ならば、殆ど薬は吸収されていない状態と判断して差し支えがないからなのです。
ただし嘔吐した直後というのは、無理に服用してもまたすぐに嘔吐してしまう可能性が高くなります。
ですので30~60分ほど身体を休めてから再度服用するようにすると、嘔吐する可能性は低くなります。
気をつけなければいけないのは、服用してからある程度時間が経ってから嘔吐した場合です。
この場合、薬がどの程度体内に吸収されているかの判断が難しくなります。
ですので、通常の分量を服用しなおすと過剰摂取になってしまう事があるのです。
そのため時間が経ってからの嘔吐の場合には、一旦薬の服用は止めて次回から指示通りの分量を服用するようにします。
この時間とは薬の種類にもよりますが、だいたい服用してから30分を目安にします。

ピルの副作用の嘔吐による吸収不全

一般的にピルと呼ばれている経口避妊薬は、主に女性の避妊に用いられる女性ホルモン剤です。
女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄色ホルモン(プロゲステロン)と同じ作用を有する2種類の合成ステロイドホルモンを含んだ薬です。
使用することで排卵が抑制されます。
正しく服用した場合、避妊手術や子宮内避妊器具を装着した場合と同じレベルの避妊効果が期待できます。
避妊目的以外にも、生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などに用いられています。
以前は高用量ピルや中用量ピルが用いられていましたが、副作用が強いため、なかなか実用化に至りませんでした。
現在では副作用を低減した低用量ピルが開発され、避妊目的や月経困難症の治療薬として認可されています。
ピルの使用方法としては、女性の月経周期に合わせて服用します。
21日間連続して服用し7日間休むという28日周期での服用法が基本となっています。
ピルの主な副作用としては、嘔吐、片頭痛、むくみ、膣炎、イライラなどが挙げられます。
稀なケースとして肝機能障害や血栓症などを起こす場合もあります。
また、ピルの服用から4時間以内に激しい嘔吐や下痢があった場合は吸収不全とみなされます。
この吸収不全の場合には効果を得られなくなります。

モーニングアフターピルの副作用には個人差がある

最新的なモーニングアフターピルは、世界でも飛躍的な避妊薬として愛用者も急増しています。
モーニングアフターピルは、避妊用具を装着しないで性行為に臨んだ場合に、24時間以内に服用するだけで避妊ができる画期的な避妊薬です。
女性が自分の体を守るために開発された、進化したモーニングアフターピルは、1錠を飲用するだけで効果が得られる避妊薬です。
最近ではネット通販で簡単に購入できる優れた効果があるモーニングアフターピルは、世界中の女性の間では人気のある商品です。
しかし薬なので、たまに副作用を訴える方も存在しますが、モーニングアフターピルはより安全性を考えて作られたピルです。
個人差もあり、100%副作用がないとは言えないのが現状です。
しかし、モーニングアフターピルは、開発を重ねて製造され、研究の末に製品化されており、多くの女性の方が安心して飲用できるサプリメントとして発売されています。
薬はモーニングアフターピルとは限らず、飲用する人の個人差もあるので、自分には合わないと感じる方はしばらく様子を見ることが大切です。
高い効果が得られるモーニングアフターピルは、簡単にできる避妊薬としてカップルの間では人気が急上昇しています。