You are here: Home » 10月 2014
Date Archives: 10月 2014

嘔吐による医薬品の服用失敗、その後の対応

医薬品というのは基本的に体調の悪い時に服用するものです。
そのため身体が受け付けず、服用後に嘔吐してしまうという事も少なくありません。
そんな服用失敗後の対応は、服用してから嘔吐するまでの時間によって変わってきます。
もしも服用してすぐの場合には、そのまま本来の分量をもう一度服用して問題ありません。
服用してから約20分以内なら、同等の対処で大丈夫です。
というのも20分程度ならば、殆ど薬は吸収されていない状態と判断して差し支えがないからなのです。
ただし嘔吐した直後というのは、無理に服用してもまたすぐに嘔吐してしまう可能性が高くなります。
ですので30~60分ほど身体を休めてから再度服用するようにすると、嘔吐する可能性は低くなります。
気をつけなければいけないのは、服用してからある程度時間が経ってから嘔吐した場合です。
この場合、薬がどの程度体内に吸収されているかの判断が難しくなります。
ですので、通常の分量を服用しなおすと過剰摂取になってしまう事があるのです。
そのため時間が経ってからの嘔吐の場合には、一旦薬の服用は止めて次回から指示通りの分量を服用するようにします。
この時間とは薬の種類にもよりますが、だいたい服用してから30分を目安にします。

ピルの副作用の嘔吐による吸収不全

一般的にピルと呼ばれている経口避妊薬は、主に女性の避妊に用いられる女性ホルモン剤です。
女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄色ホルモン(プロゲステロン)と同じ作用を有する2種類の合成ステロイドホルモンを含んだ薬です。
使用することで排卵が抑制されます。
正しく服用した場合、避妊手術や子宮内避妊器具を装着した場合と同じレベルの避妊効果が期待できます。
避妊目的以外にも、生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などに用いられています。
以前は高用量ピルや中用量ピルが用いられていましたが、副作用が強いため、なかなか実用化に至りませんでした。
現在では副作用を低減した低用量ピルが開発され、避妊目的や月経困難症の治療薬として認可されています。
ピルの使用方法としては、女性の月経周期に合わせて服用します。
21日間連続して服用し7日間休むという28日周期での服用法が基本となっています。
ピルの主な副作用としては、嘔吐、片頭痛、むくみ、膣炎、イライラなどが挙げられます。
稀なケースとして肝機能障害や血栓症などを起こす場合もあります。
また、ピルの服用から4時間以内に激しい嘔吐や下痢があった場合は吸収不全とみなされます。
この吸収不全の場合には効果を得られなくなります。

モーニングアフターピルの副作用には個人差がある

最新的なモーニングアフターピルは、世界でも飛躍的な避妊薬として愛用者も急増しています。
モーニングアフターピルは、避妊用具を装着しないで性行為に臨んだ場合に、24時間以内に服用するだけで避妊ができる画期的な避妊薬です。
女性が自分の体を守るために開発された、進化したモーニングアフターピルは、1錠を飲用するだけで効果が得られる避妊薬です。
最近ではネット通販で簡単に購入できる優れた効果があるモーニングアフターピルは、世界中の女性の間では人気のある商品です。
しかし薬なので、たまに副作用を訴える方も存在しますが、モーニングアフターピルはより安全性を考えて作られたピルです。
個人差もあり、100%副作用がないとは言えないのが現状です。
しかし、モーニングアフターピルは、開発を重ねて製造され、研究の末に製品化されており、多くの女性の方が安心して飲用できるサプリメントとして発売されています。
薬はモーニングアフターピルとは限らず、飲用する人の個人差もあるので、自分には合わないと感じる方はしばらく様子を見ることが大切です。
高い効果が得られるモーニングアフターピルは、簡単にできる避妊薬としてカップルの間では人気が急上昇しています。