You are here: Home » 未分類 » 服用した医薬品の吸収までの時間

服用した医薬品の吸収までの時間

医薬品の服用方法はそれぞれに決められており、私たちはそれに沿って摂取しなければなりません。
もしその方法を誤った場合には、どのような影響が出るか考えてみたいと思います。

まずは服用時間を誤った場合、それは体への効き目を悪くするだけでなく、逆に悪影響を及ぼす可能性もあります。
例えば、食後の空腹でない時間で服用すべきものを空腹の状態で服用した場合には、体にうまく吸収されない恐れがあります。
それどころか体に負担をかけてしまうこともあります。
胃腸薬はその典型で、本来であれば体にとって異物のはずの医薬品が直接胃に到達するので、刺激が大きく、胃に負担をかけてしまうのです。
それほど、医薬品の影響は大きいのです。

また、服用方法の違いで、その成分を体が吸収する時間にも差が出てきます。
水と一緒に医薬品を摂取するというのは定番ですが、これは飲みやすくするだけでなく、胃の中で溶け易くするといった意味合いがあります。
また、ものによっては牛乳や白湯で飲んだほうがいいものや、逆に緑茶や刺激の多い飲み物での服用を控えたほうがいいもの等、様々なのです。

私たちは、医薬品がそれぞれに持つ正しい服用方法にならって、自分自身に最も良い効果が現れるように気をつけなければならないのです。