You are here: Home » 未分類 » ピルの副作用の嘔吐による吸収不全

ピルの副作用の嘔吐による吸収不全

一般的にピルと呼ばれている経口避妊薬は、主に女性の避妊に用いられる女性ホルモン剤です。
女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄色ホルモン(プロゲステロン)と同じ作用を有する2種類の合成ステロイドホルモンを含んだ薬です。
使用することで排卵が抑制されます。
正しく服用した場合、避妊手術や子宮内避妊器具を装着した場合と同じレベルの避妊効果が期待できます。
避妊目的以外にも、生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などに用いられています。
以前は高用量ピルや中用量ピルが用いられていましたが、副作用が強いため、なかなか実用化に至りませんでした。
現在では副作用を低減した低用量ピルが開発され、避妊目的や月経困難症の治療薬として認可されています。
ピルの使用方法としては、女性の月経周期に合わせて服用します。
21日間連続して服用し7日間休むという28日周期での服用法が基本となっています。
ピルの主な副作用としては、嘔吐、片頭痛、むくみ、膣炎、イライラなどが挙げられます。
稀なケースとして肝機能障害や血栓症などを起こす場合もあります。
また、ピルの服用から4時間以内に激しい嘔吐や下痢があった場合は吸収不全とみなされます。
この吸収不全の場合には効果を得られなくなります。